昭和生まれ必見!歴代流行語まとめてみた!2010年~1999年版

SHOです!

この記事では、

昭和生まれ必見!歴代流行語まとめてみた!2010年~1999年版

ということで、これを見れば昭和生まれの人なら

「あったな~」

「懐かしい!」

となること間違いなしの2010年~1999年に

流行語TOP10に選ばれた流行語を紹介していきます!

最新の流行語をまとめたものはこちら!

あの時流行った言葉なんだっけ??

10年間の歴代流行語大賞をまとめて紹介!

こうしてみていくと

その年を象徴するような流行語があったりして、

当時の思い出がよみがえりますよね!

それではさっそく一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

懐かしい!歴代流行語TOP10はこれだ!

おっは~

なんでだろう

ハニカミ王子

どれも聞いたことがあったり

やったりしたんじゃないでしょうか?

そんないろんな「ことば」がいっぱいあるので

TOP10を見ていきましょう!

2010年 大賞は「ゲゲゲの~」!

<年間大賞>

■ゲゲゲの~

<トップ10>

■ゲゲゲの~

■いい質問ですねぇ

■イクメン

■AKB48

■女子会

■脱小沢

■食べるラー油

■ととのいました

■~なう

■無縁社会

2010年は「ゲゲゲの~」が大賞!

「ゲゲゲの~」は、

漫画「ゲゲゲの鬼太郎」作者である水木しげるさんの

妻、武良布枝さんの著書「ゲゲゲの女房」が

ドラマや映画で流行りましたね!

使い方はよくわかりませんが。

2009年 大賞は「政権交代」!

<年間大賞>

■政権交代

<トップ10>

■政権交代

■こども店長

■事業仕分け

■新型インフルエンザ

■草食男子

■脱官僚

■派遣切り

■ファストファッション

■ぼやき

■歴女(レキジョ)

2009年は「政権交代」が大賞!

この年、自民党から民主党へ政権交代したことから

選ばれました!

政権交代や事業仕分けなど、政治に関することが多い年でしたね!

2008年 大賞は「アラフォー」「グ~!」!

<年間大賞>

■アラフォー

■グ~!

<トップ10>

■アラフォー

■グ~!

■居酒屋タクシー

■名ばかり管理職

■埋蔵金

■蟹工船

■ゲリラ豪雨

■後期高齢者

■あなたとは違うんです

■上野の413球

2008年は「アラフォー」「グ~!」が大賞!

「アラフォー」とは、四捨五入して40歳となる世代のことで、

ドラマ「Around40~注文の多いオンナたち~」で

主人公を演じる天海祐希さんが受賞されました!

二十歳くらいだったSHOも「アラフォー」に近づいてきました。

時が過ぎるのははやいですねー!

「グ~!」はお笑い芸人エドはるみさんのギャグで、

みんなしょっちゅう言っていた記憶があります!

スポンサーリンク

2007年 大賞は「どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」!

<年間大賞>

■(宮崎を)どげんかせんといかん

■ハニカミ王子

<トップ10>

■(宮崎を)どげんかせんといかん

■ハニカミ王子

■(消えた)年金

■そんなの関係ねぇ

■どんだけぇ~

■鈍感力

■食品偽装

■ネットカフェ難民

■大食い

■猛暑日

2007年は「どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」が大賞!

「どげんかせんといかん」は東国原英夫元宮崎県知事が

県議会での所信表明で「(宮崎を)どうにかしないといけない」

と言ったものですね!

「ハニカミ王子」は当時アマチュアゴルファーだった

石川遼さんの愛称です!

2007年は明るい流行語が多い気がしますね!

2006年 大賞は「イナバウアー」「品格」!

<年間大賞>

■イナバウアー

■品格

<トップ10>

■イナバウアー

■品格

■エロカッコイイ(エロカワイイ)

■格差社会

■シンジラレナ~イ

■たらこ・たらこ・たらこ

■脳トレ

■ハンカチ王子

■ミクシィ

■メタボリックシンドローム(メタボ)

2006年は「イナバウアー」「品格」が大賞2005

「イナバウアー」は

トリノ五輪のフィギュアスケート金メダリスト、

荒川静香さんの得意技ですね!

出来ないのにマネしてよく転んでいました!

「品格」は藤原正彦さんの著書『国家の品格』の

爆発的な売行きとともに広まったようです。

脳トレとかもよくやりましたね。

今やったら悲惨なことになりそうなんでやりません!

2005年 「小泉劇場」「想定内(外)」!

<年間大賞>

■小泉劇場

■想定内(外)

<トップ10>

■小泉劇場

■想定内(外)

■クールビズ

■刺客

■ちょいモテオヤジ

■フォーー!

■富裕層

■ブログ

■ボビーマジック

■萌え~

2005年は「小泉劇場」「想定内(外)」が大賞!

「小泉劇場」は当時首相だった小泉純一郎さんが

あらゆる面で一人勝ち状態だったことから生まれました!

「想定内(外)」は、

ライブドア堀江貴文社長が、その負けず嫌いな性格から

フジVSライブドア騒動の中で連発した。

簡単な言葉に翻訳すれば「そんなことわかってますよ」。

だそうです!

当時意味も分からず使っていましたね~

2004年 大賞は「チョー気持ちいい」!

<年間大賞>

■チョー気持ちいい

<トップ10>

■チョー気持ちいい

■気合だー!

■サプライズ

■自己責任

■新規参入

■セカチュー

■中二階

■って言うじゃない… ○○斬り! …残念!!

■負け犬

■冬ソナ

2004年は「チョー気持ちいい」が大賞!

2004年開催されたアテナ五輪の男子100メートル平泳ぎで

金メダルを獲得した北島康介選手がプールから上がって

述べた感想です!

スポンサーリンク

2003年 大賞は「毒まんじゅう」「なんでだろう~」「マニフェスト」!

<年間大賞>

■毒まんじゅう

■なんでだろう~

■マニフェスト

<トップ10>

■毒まんじゅう

■なんでだろう~

■マニフェスト

■勝ちたいんや!

■コメ泥棒

■SARS

■年収300万円

■バカの壁

■ビフォーアフター

■へぇ~

2003年は「毒まんじゅう」「なんでだろう~」「マニフェスト」が大賞!

「毒まんじゅう」は、

2003年9月の自民党総裁選で政界引退を決意した

野中広務元幹事長が、小泉首相支持に回った

一部の政治家を非難する際に使った言葉です。

「なんでだろう~」は

お笑い芸人テツandトモのギャグです、

子どもたちがこぞってやっていましたね!

「マニフェスト」は

期限、財源、数値目標、プロセスなどが明らかにされた

具体的な公約のことで、

このあたりからテレビでもよく聞くようになったと思います。

「へぇ~」をいまだに使っているのはSHOだけではないはず・・!

2002年 大賞は「タマちゃん」「W杯(中津江村)」!

<年間大賞>

■タマちゃん

■W杯(中津江村)

<トップ10>

■タマちゃん

■W杯(中津江村)

■貸し剥がし

■声に出して読みたい日本語

■真珠夫人

■ダブル受賞

■内部告発

■ベッカム様

■ムネオハウス

■拉致

2002年は「タマちゃん」「W杯(中津江村)」が大賞!

「タマちゃん」懐かしいですねぇ!

東京都と神奈川県を分ける多摩川丸子橋付近で発見された

アゴヒゲアザラシで、話題になりましたね!

2004年4月以降目撃されていないようです。

「W杯(中津江村)」

2002年のW杯でカメルーンのチームを誘致したことで

有名になりましたね!

タマちゃん元気にしてるかな?

2001年 大賞は「小泉語録」!

<年間大賞>

■「小泉語録」

米百俵、聖域なき改革、恐れず怯まず捉われず、

骨太の方針、ワイドショー内閣、改革の「痛み」

<トップ10>

■「小泉語録」

■「明日があるさ」

■e‐ポリティックス

■狂牛病

■塩爺(しおじい)

■ショー・ザ・フラッグ

■生物兵器(BC兵器)

■抵抗勢力

■ドメスティック・バイオレンス(DV)

■ブロードバンド

■「ヤだねったら、ヤだね」

2001年は「小泉語録」が大賞!

「小泉語録」は、

・所信表明演説で使われた「米百俵」

・スローガンである「聖域なき改革」

・所信表明演説で使われた「恐れず怯まず捉われず」

・首相を議長とする経済財政諮問会議の「骨太の方針」

・小泉政権に名付けられた「ワイドショー内閣」

・聖域なき改革にともなう「改革の『痛み』」

があり、説得力あるキャッチフレーズを駆使することで

2001年最多の「流行語生みの親」でもあったそうです。

当時SHOは中学生だったので記憶にありません。

「明日があるさ」はいい歌ですよね~元気が出ます!

スポンサーリンク

2000年 大賞は「おっはー」「IT革命」!

<年間大賞>

■「おっはー」

■IT革命

<トップ10>

■「最高で金 最低でも金」

■Qちゃん

■ジコチュー(ジコ虫)

■一七歳

■パラパラ

■「めっちゃ悔し~い」

■「ワタシ(私)的には…」

■「官」対「民」

■「おっはー」

■IT革命

2000年は「おっはー」「IT革命」が大賞!

「おっはー」は挨拶「おはよう」の短縮形ですが

おぼえていますか?

テレビ番組のおはスタでSMAPの香取慎吾扮するキャラクター「慎吾ママ」が

使用していたことで広まりました!

めっきり聞かなくなりましたね。

「IT革命」は当時、

早稲田大学高等学院三年生だった木下斉さんが

受賞したもので、

情報技術(Information Technology)分野での革命が、

経済の新たな成長を担うとともに、国家・社会・企業等の

組織を変えていく現象ということです!

SHOの周りはITだけじゃなく、

いろんなことに革命をつけていた気がします!

1999年 大賞は「雑草魂」「ブッチホン」「リベンジ」!

<年間大賞>

■雑草魂

■ブッチホン

■リベンジ

<トップ10>

■学校(級)崩壊

■カリスマ

■雑草魂

■ブッチホン

■ミッチー・サッチー

■西暦2000年問題

■だんご3兄弟

■癒し

■iモード

■リベンジ

1999年は「雑草魂」「ブッチホン」「リベンジ」が大賞!

「雑草魂」は元読売ジャイアンツの上原浩治選手が受賞。

華々しくデビューした松坂に対し、

東海大仰星高校時代は控え投手で、チームも甲子園とは無縁だった。

マスコミは地道にはいあがってきた新しいヒーローの心意気を

「雑草魂」と表現したそうです。

「ブッチホン」は、当時の小渕恵三首相が受賞されました!

突然、「もしもし、ケイゾーです、オブチです。」と、

官邸から電話がある。

いたずらだろうと、みな疑ってかかる。が、

電話の主は小渕恵三首相その人。

それも閣僚や議員、大企業の社長など公人相手ならわかるが、

雑誌の書き手やら、首相あてに電子メールを送った一般の人にまで

直接電話がゆく。ブッチホンはみずからが命名。とのことでした!

「リベンジ」は当時西武ライオンズに

入団したスーパールーキー松坂大輔選手が受賞。

強気で負けず嫌いの彼が敗戦したゲームのあとに残したのがこの言葉。

西暦2000年問題やiモードも懐かしいですね!

iモードは2026年3月31日(火曜)に終了とのことで、

時代を感じますよね~!

まとめ

この記事では、

昭和生まれ必見!歴代流行語まとめてみた!2010年~1999年版

ということで1999年~2010年までの

流行語大賞とTOP10を紹介してきました!

当時を知っている人は懐かしく感じ、

この時まだ生まれていなかった人や小さかった人は

こんなのがあったんだと時代を感じてもらえると思います!

これからどんな時代を迎えるのかわかりませんが、

次の流行語は明るい話題が増えるといいですね!

最新の流行語をまとめたものはこちら!

あの時流行った言葉なんだっけ??

10年間の歴代流行語大賞をまとめて紹介!

では最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする